佐賀県神埼市・のぞみペイント

Walls

外壁塗装

外壁の塗装は家を守る
大切な役割を担っています。

外壁塗装は外観を美しく見せるだけでなく、風雨や紫外線などから家を守るためにも欠かすことのできない工事です。大切なマイホームを守るためのメンテナンス、それが外壁塗装です。

塗料には耐用年数が設定されており(10 年が目安)、耐用年数を超えるとひび割れやコケ、カビ、チョーキング現象(壁を触ると白い粉がつく)などが起こります。また、こうした目に見える劣化現象を確認できない場合でも、耐用年数を越えた塗料を放置してしまうと外壁上の塗膜が劣化し、外壁が風雨や紫外線にさらされ劣化してしまいます。家を建ててから、または前回の塗装から 10 年前後経過している場合には、建物の美観と保護のために、そろそろ塗替えをご検討されてはいかがでしょうか。

Roof

屋根塗装

目にすることのない屋根こそ
しっかりとメンテナンスを。

屋根は日々、太陽光からの紫外線や風雨、雪、台風などにさらされています。また、屋根は直射日光を受けるため温度が大きく変化するなど、とても過酷な状態におかれています。そのようなこともあり、屋根は家の中でも痛みが早い部分です。

その反面、屋根は普段あまり目にすることのない場所でもあり、メンテナンスを忘れがち。気づかないうちに劣化が進んでしまいます。防水性能が低下した塗膜に発生したコケやカビが内部まで入り込むと、建材の劣化を早めてしまいます。また、金属部分に発生したサビが進行すると穴が開き、そこから雨水が内部に侵入すると家の耐久力が弱くなってしまいます。定期的に点検を行い、早めの対処を行うことで住まいをきれいに長持ちさせることができます。

Waterproof

防水塗装

水分の侵入を防ぎ、
耐久性を保つことが大切です。

屋根や外壁にできたヒビ割れの状態を確認すると、表面の塗膜が割れているだけでなく、屋根材や外壁材そのものにヒビ割れやズレが起きている場合があります。そこから建物内部に雨が入ると建物の構造材を腐食させてしまうこともあります。住まいを長くきれいに長持ちさせるために必要なことは、建物の内部に水分を入れないこと。ヒビ割れからの浸水を防ぐのに活躍するのが防水塗料です。

通常、建物が動いて屋根材や外壁材が割れると、塗膜も一緒に割れてしまいます。一方、防水塗料は伸縮性に優れているため、屋根や外壁にひび割れが起きても塗膜の伸縮性により雨水を建物の内部に侵入させません。大切なマイホームを守るためにも、防水塗料の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

Sealing

シーリング工事

建物の隙間からの
雨水の侵入を防ぎます。

建物の防水性や気密性を確保するために、外壁ボード間のつなぎ目や外壁とサッシの隙間などを埋める部材をシーリングと呼びます。新築から数年経ち、まず最初に傷みだすのがこのシーリング材。紫外線や風雨の影響で劣化したシーリング材は防水性と伸縮性を失い、最終的には雨漏りやヒビ割れの原因になります。

外壁とシーリング材の間に隙間ができている、シーリング材が真ん中から切れている、シーリング材が取れているなどの問題が発生した場合には、シーリング箇所を新たなシーリング材で埋める工事(シーリング工事・コーキング工事)が必要です。シーリング防水を行うことで建物を雨水の侵入から守り、大切な建物の寿命を長くすることができます。

Works / Voice

施工実績 / お客様の声

メニューを閉じる